本教育科目は,船舶,航空機などの輸送機器や各種生産設備,橋梁など各種構造物を対象として,安全性の評価・維持・管理に関する教育と研究を担当してます。

 社会的に影響の大きい大規模構造物の事故を未然に防止し,これらを長期間,安全に維持管理することは非常に重要であり,構造物の安全性において,設計・建造および運用といった生涯的視野(ライフサイクル)に立った検討が必要であります。このような考えから運用面に重点を置き,構造メインテナンスとモニタリングに関するハードウェア技術・ソフトウェア技術と,これを有効に機能させるためのシステム化技術,さらに,電磁場など特殊環境下における構造物の安全管理技術についての開発研究を行っています。

 このような理念のもと,安全性の評価ための構造信頼性解析,経年劣化構造物の評価および検査・保守計画立案に関する研究や,圧電材料などの機能性材料による構造損傷モニタリングセンサおよびメインテナンスの自動化のための検査・補修ロボット,検査・運用を支援する情報システムの開発,さらに,電磁場環境に置かれた構造物の連成挙動などについて研究を行っています。

広島大学大学院工学研究科社会環境システム専攻
システム安全研究室ホームページ

スタッフ

関連リンク

(有)計測サポート

研究内容

広島大学大学院工学研究科(現)輸送・環境システム専攻

広島大学工学部第四類(建設・環境系)