広島大学の船舶海洋風洞棟(工G2棟)は,2014年にリニューアルが完了し,新しいゲッチンゲン型風洞装置が設置されました。

巨大な風路を屋外に回して設置された回流型であり,2.0m角の矩形ノズルと長さ4.0mのテストセクションを有しています。

送風機定格は90kW,最大風速は25m/sです。

さらに,風速15m/s時においては,テストセクション中央断面内の1.2m角の領域における乱れ度は1%未満,1.6m角の領域における風速の非一様性(風速分布)は±2%以内となっています。

この風洞装置は現在,各種輸送機器や風力発電装置,その他構造物を対象にした,流体力学に関する教育・研究に活用されています。

その代表的な例の1つとして,地面効果翼機(WIG: Wing In Ground-effect vehicle)の研究開発を行っています。

また,学部生の創成型プロジェクト科目の1つである Micro Windmill Project(輸送機器環境工学プロジェクトV)では,風洞実験(予備実験での試運転,および競技会本番)で使用しています。

その他,企業との共同開発や,鳥人間コンテストに向けた人力飛行機の開発(課外活動)にも活用されています。

広島大学

大学院工学研究科 輸送・環境システム専攻
工学部第四類 輸送機器環境工学プログラム

※ 「広大東口」バス停の背後にある横に長い建物は 試験水槽棟(工G3棟)で,その正面側隣の建物が,風洞棟(工G2棟)です。